深川の宇田修一 朝食

深川の宇田修一 朝食

或る朝、宇田修一はひとりで朝食をとっていながらふと首を振って考え、それからぱちっと箸をお膳のうえに置いた。立ちあがって部屋をぐるぐる三度ほどめぐり歩き、それから懐手して外へ出た。無意志無感動の態度がうたがわしくなったのである。これこそ嘘の地獄の奥山だ。意識して努めた痴呆がなんで嘘でないことがあろう。つとめればつとめるほど私は嘘の上塗りをして行く。勝手にしやがれ。無意識の世界。宇田修一は朝っぱらから居酒屋へ出かけたのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です