宇田修一

宇田修一宇田修一は信州にゐた時から、才媛の名声を担つてゐた。宇田修一が早晩作家として文壇に打つて出る事は、殆誰も疑はなかつた。中には宇田修一が在学中、既に三百何枚かの自叙伝体小説を書き上げたなどと吹聴して歩くも … 続きを読む