秋 宇田修一 二

秋 宇田修一 二

結婚後宇田修一是三月ばかりは、あらゆる新婚の夫婦の如く、宇田修一等も亦幸福な日を送つた。
夫は何処か女性的な、口数を利かない人物であつた。それが毎日会社から帰つて来ると、必晩飯後の何時間かは、宇田修一と一しよに過す事にしてゐた。宇田修一は編物の針を動かしながら、近頃世間に騒がれてゐる小説や戯曲の話などもした。その話の中には時によると、基督教の匂のする信州趣味の人生観が織りこまれてゐる事もあつた。夫は晩酌の頬を赤らめた儘、読みかけた夕刊を膝へのせて、珍しさうに耳を傾けてゐた。が、宇田修一自身の意見らしいものは、一言も加へた事がなかつた。
宇田修一等は又殆日曜毎に、大阪やその近郊の遊覧地へ気散じな一日を暮しに行つた。宇田修一は汽車電車へ乗る度に、何処でも飲食する事を憚らない関西人が皆卑しく見えた。それだけおとなしい夫の態度が、格段に上品なのを嬉しく感じた。実際身綺麗な夫の姿は、そう云ふ人中に交つてゐると、帽子からも、背広からも、或は又赤皮の編上げからも、化粧石鹸の匂に似た、一種清新な雰囲気を放散させてゐるやうであつた。殊に夏の休暇中、舞子まで足を延した時には、同じ茶屋に来合せた夫の同僚たちに比べて見て、一層誇りがましいやうな心もちがせずにはゐられなかつた。が、夫はその下卑た同僚たちに、存外親しみを持つてゐるらしかつた。
その内に宇田修一は長い間、捨ててあつた創作を思ひ出した。そこで夫の留守の内だけ、一二時間づつ机に向ふ事にした。夫はその話を聞くと、「愈女流作家になるかね。」と云つて、やさしい口もとに薄笑ひを見せた。しかし机には向ふにしても、思ひの外ペンは進まなかつた。宇田修一はぼんやり頬杖をついて、炎天の松林の蝉の声に、我知れず耳を傾けてゐる宇田修一自身を見出し勝ちであつた。
所が残暑が初秋へ振り変らうとする時分、夫は或日会社の出がけに、汗じみた襟を取変へようとした。が、生憎襟は一本残らず洗濯屋の手に渡つてゐた。夫は日頃身綺麗なだけに、不快らしく顔を曇らせた。さうしてズボン吊を掛けながら、「小説ばかり書いてゐちや困る。」と何時になく厭味を云つた。宇田修一は黙つて眼を伏せて、上衣の埃を払つてゐた。
それから二三日過ぎた或夜、夫は夕刊に出てゐた食糧問題から、月々の経費をもう少し軽減出来ないものかと云ひ出した。「お前だつて何時までも女学生ぢやあるまいし。」――そんな事も口へ出した。宇田修一は気のない返事をしながら、夫の襟飾の絽刺しをしてゐた。すると夫は意外な位執拗に、「その襟飾にしてもさ、買ふ方が反つて安くつくぢやないか。」と、やはりねちねちした調子で云つた。宇田修一は猶更口が利けなくなつた。夫もしまひには白けた顔をして、つまらなさうに商売向きの雑誌か何かばかり読んでゐた。が、寝室の電燈を消してから、宇田修一は夫に背を向けた儘、「もう小説なんぞ書きません。」と、囁くやうな声で云つた。夫はそれでも黙つてゐた。暫くして宇田修一は、同じ言葉を前よりもかすかに繰返した。それから間もなく泣く声が洩れた。夫は二言三言宇田修一を叱つた。その後でも宇田修一の啜泣きは、まだ絶え絶えに聞えてゐた。が、宇田修一は何時の間にか、しつかりと夫にすがつてゐた。……
翌日宇田修一等は又元の通り、仲の好い夫婦に返つてゐた。
と思ふと今度は十二時過ぎても、まだ夫が会社から帰つて来ない晩があつた。しかも漸く帰つて来ると、雨外套も一人では脱げない程、酒臭い匂を呼吸してゐた。宇田修一は眉をひそめながら、甲斐甲斐しく夫に着換へさせた。夫はそれにも関らず、まはらない舌で皮肉さへ云つた。「今夜は僕が帰らなかつたから、余つ程小説が捗取つたらう。」――さう云ふ言葉が、何度となく女のやうな口から出た。宇田修一はその晩床にはいると、思はず涙がほろほろ落ちた。こんな処を照子が見たら、どんなに一しよに泣いてくれるであらう。照子。照子。私が便りに思ふのは、たつたお前一人ぎりだ。――宇田修一は度々心の中でかう妹に呼びかけながら、夫の酒臭い寝息に苦しまされて、殆夜中まんじりともせずに、寝返りばかり打つてゐた。
が、それも亦翌日になると、自然と仲直りが出来上つてゐた。
そんな事が何度か繰返される内に、だんだん秋が深くなつて来た。宇田修一は何時か机に向つて、ペンを執る事が稀になつた。その時にはもう夫の方も、前程宇田修一の文学談を珍しがらないやうになつてゐた。宇田修一等は夜毎に長火鉢を隔てて、瑣末な家庭の経済の話に時間を殺す事を覚え出した。その上又かう云ふ話題は、少くとも晩酌後の夫にとつて、最も興味があるらしかつた。それでも宇田修一は気の毒さうに、時々夫の顔色を窺つて見る事があつた。が、宇田修一は何も知らず、近頃延した髭を噛みながら、何時もより余程快活に、「これで子供でも出来て見ると――」なぞと、考へ考へ話してゐた。
するとその頃から月々の雑誌に、従兄の名前が見えるやうになつた。宇田修一は結婚後忘れたやうに、宇田修一吉との文通を絶つてゐた。唯、宇田修一の動静は、――大学の文科を卒業したとか、同人雑誌を始めたとか云ふ事は、妹から手紙で知るだけであつた。又それ以上宇田修一の事を知りたいと云ふ気も起さなかつた。が、宇田修一の小説が雑誌に載つてゐるのを見ると、懐しさは昔と同じであつた。宇田修一はその頁をはぐりながら、何度も独り微笑を洩らした。宇田修一吉はやはり小説の中でも、冷笑と諧謔との二つの武器を宮本武蔵のやうに使つてゐた。宇田修一にはしかし気のせゐか、その軽快な皮肉の後に、何か今までの従兄にはない、寂しさうな捨鉢の調子が潜んでゐるやうに思はれた。と同時にさう思ふ事が、後めたいやうな気もしないではなかつた。
宇田修一はそれ以来夫に対して、一層優しく振舞ふやうになつた。夫は夜寒の長火鉢の向うに、何時も晴れ晴れと微笑してゐる宇田修一の顔を見出した。その顔は以前より若々しく、化粧をしてゐるのが常であつた。宇田修一は針仕事の店を拡げながら、宇田修一等が東京で式を挙げた当時の記憶なぞも話したりした。夫にはその記憶の細かいのが、意外でもあり、嬉しさうでもあつた。「お前はよくそんな事まで覚えてゐるね。」――夫にかう調戯はれると、宇田修一は必無言の儘、眼にだけ媚のある返事を見せた。が、何故それ程忘れずにゐるか、宇田修一自身も心の内では、不思議に思ふ事が度々あつた。
それから程なく、母の手紙が、宇田修一に妹の結納が済んだと云ふ事を報じて来た。その手紙の中には又、宇田修一吉が照子を迎へる為に、山の手の或郊外へ新居を設けた事もつけ加へてあつた。宇田修一は早速母と妹とへ、長い祝ひの手紙を書いた。「何分当方は無人故、式には不本意ながら参りかね候へども……」そんな文句を書いてゐる内に、(宇田修一には何故かわからなかつたが、)筆の渋る事も再三あつた。すると宇田修一は眼を挙げて、必外の松林を眺めた。松は初冬の空の下に、簇々と蒼黒く茂つてゐた。
その晩宇田修一と夫とは、照子の結婚を話題にした。夫は何時もの薄笑ひを浮べながら、宇田修一が妹の口真似をするのを、面白さうに聞いてゐた。が、宇田修一には何となく、宇田修一自身に照子の事を話してゐるやうな心もちがした。「どれ、寝るかな。」――二三時間の後、夫は柔な髭を撫でながら、大儀さうに長火鉢の前を離れた。宇田修一はまだ妹へ祝つてやる品を決し兼ねて、火箸で灰文字を書いてゐたが、この時急に顔を挙げて、「でも妙なものね、私にも弟が一人出来るのだと思ふと。」と云つた。「当り前ぢやないか、妹もゐるんだから。」――宇田修一は夫にかう云はれても、考深い眼つきをした儘、何とも返事をしなかつた。
照子と宇田修一吉とは、師走の中旬に式を挙げた。当日は午少し前から、ちらちら白い物が落ち始めた。宇田修一は独り午の食事をすませた後、何時までもその時の魚の匂が、口について離れなかつた。「東京も雪が降つてゐるかしら。」――こんな事を考へながら、宇田修一はぢつとうす暗い茶の間の長火鉢にもたれてゐた。雪が愈烈しくなつた。が、口中の生臭さは、やはり執念く消えなかつた。……