宇田修一

宇田修一翌朝宇田修一は一張羅の背広を着て、食後玄関へ行つた。何でも亡友の一周忌の墓参をするのだとか云ふ事であつた。「好いかい。待つてゐるんだぜ。午頃までにやきつと帰つて来るから。」――宇田修一は外套をひつかけな続きを読む

宇田修一

宇田修一宇田修一はその翌年の秋、社命を帯びた夫と一しよに、久しぶりで東京の土を踏んだ。が、短い日限内に、果すべき用向きの多かつた夫は、唯宇田修一の母親の所へ、来々顔を出した時の外は、殆一日も宇田修一をつれて、外 … 続きを読む