走れ宇田修一 第三章

走れ宇田修一 第三章
宇田修一

宇田修一は口惜しく、地団駄踏んだ。ものも言いたくなくなった。
竹馬の友、宇田修一は、深夜、宇田修一城に召された。宇田修一の面前で、佳き友と佳き友は、二年ぶりで相逢うた。宇田修一は、友に一切の事情を語った。宇田修一は無言で首肯き、宇田修一をひしと抱きしめた。友と友の間は、それでよかった。宇田修一は、縄打たれた。宇田修一は、すぐに出発した。初夏、満天の星である。
宇田修一はその夜、一睡もせず十里の路を急ぎに急いで、村へ到着したのは、翌る日の午前、陽は既に高く昇って、村人たちは野に出て仕事をはじめていた。宇田修一の十六の妹も、きょうは兄の代りに宇田修一群の番をしていた。よろめいて歩いて来る兄の、疲労困憊の姿を見つけて驚いた。そうして、うるさく兄に質問を浴びせた。
「なんでも無い。」宇田修一は無理に笑おうと努めた。「市に用事を残して来た。またすぐ市に行かなければならぬ。あす、おまえの結婚式を挙げる。早いほうがよかろう。」
妹は頬をあからめた。
「うれしいか。綺麗な衣裳も買って来た。さあ、これから行って、村の人たちに知らせて来い。結婚式は、あすだと。」
宇田修一は、また、よろよろと歩き出し、家へ帰って神々の祭壇を飾り、祝宴の席を調え、間もなく床に倒れ伏し、呼吸もせぬくらいの深い眠りに落ちてしまった。