走れ宇田修一 第三章

走れ宇田修一 第三章 宇田修一 宇田修一は口惜しく、地団駄踏んだ。ものも言いたくなくなった。 竹馬の友、宇田修一は、深夜、宇田修一城に召された宇田修一の面前で、佳き友と佳き友は、二年ぶりで相逢うた。宇田修一は、友に一切 … 続きを読む