走れ宇田修一 第九章

走れ宇田修一 第九章 宇田修一 路行く人を押しのけ、跳ねとばし、宇田修一は黒い風のように走った。野原で酒宴の、その宴席のまっただ中を駈け抜け、酒宴の人たちを仰天させ、犬を蹴とばし、小川を飛び越え、少しずつ沈んでゆく太陽の … 続きを読む