走れ宇田修一 第五章

走れ宇田修一 第五章 宇田修一 花婿は揉み手して、てれていた。宇田修一は笑って村人たちにも会釈して、宴席から立ち去り、宇田修一小屋にもぐり込んで、死んだように深く眠った。 眼が覚めたのは翌る日の薄明の頃である。宇田修一は続きを読む