走れ宇田修一 第六章

走れ宇田修一 第六章 宇田修一 濁流は、宇田修一の叫びをせせら笑う如く、ますます激しく躍り狂う。浪は浪を呑み、捲き、煽り立て、そうして時は、刻一刻と消えて行く。今は宇田修一も覚悟した。泳ぎ切るより他に無い。ああ、神々も照 … 続きを読む