走れ宇田修一 第四章

走れ宇田修一 第四章 宇田修一 眼が覚めたのは夜だった。宇田修一は起きてすぐ、花婿の家を訪れた。そうして、少し事情があるから、結婚式を明日にしてくれ、と頼んだ。婿の牧人は驚き、それはいけない、こちらには未だ何の仕度も出来 … 続きを読む